包茎手術に保険は適用されるの?

ロゴ
トップページ
<クリニックは確かに費用が高くなります>
包茎手術を受けたいと思っても手術費用がどのくらいかかるのか不安に感じている人も多いはずです。 仮に予想よりも高い場合は包茎手術を断念するしか無いので手術費用は大きな障害だといえます。 一般的に包茎手術は数十万円かかるイメージが強いですがそれは健康保険が適用されない場合です。 健康保険が適用することによって数万円で包茎を治療できるので安心してください。 包茎手術に健康保険は使えないと思っている人も多いですが、それは大きな間違いで使うことは可能です。 しかし、だからといって包茎なら誰でも健康保険が適用されるという訳ではなく、仮性包茎は適用外となります。 仮性包茎は日常生活に支障をきたすことがないと判断されるため健康保険を使うことはできませんが、真性包茎やカントン包茎の場合は重度の包茎と見なされ日常生活に支障をきたすと判断されます。 つまり真性包茎やカントン包茎であれば健康保険を使用することができるということです。 そのため、本来が数十万円もする包茎治療費を10万円以下で抑えることができるので、それほど大きな経済的負担にはならないはずです。 ただ、健康保険が適用となるのは病院の泌尿器科で治療を行った場合なのでクリニックで行った場合は適用されません。 クリニックで包茎手術を行う場合は全額負担となってしまうので数十万円という費用を覚悟しておいた方が良いです。 そうすると一見、病院の泌尿器科で手術を受けた方がお得な気もすると思いますが、仕上がりを考慮するのであればクリニックがおすすめです。 病院の包茎手術はあくまでも治療を目的としているので仕上がりにこだわっているケースは少なく、人によっては仕上がりがイメージと大きく異なり後悔することもあります。 クリニックは確かに費用が高くなりますが治療だけではなく、仕上がりにもこだわってくれるので手術跡が目立ちづらいです。 このようにどちらにもメリットとデメリットがあるので、じっくりと考えて手術を受ける場所を決めてください。

<包茎は治療すべき?しないべき?>
日本では包茎であることにマイナスのイメージを持っている人も少なくありませんよね。 しかし、包茎と一口に言っても様々なタイプがあるので、一概にはどちらが良いとは言えないのが現状です。 真性包茎やカントン包茎、重度の仮性包茎の場合ですと、今後の生活や病気にかかるリスクを考えて、治療をすべきだと言えます。 医学的に見ても病気と分類されることになるので、手術に保険が適用されて安価で手術を受けることが出来ます。 ただし、見た目が気になる人の場合は、自由診療となりますが、美容整形外科のように見た目にこだわった手術を行ってくれる場所を探した方が良いかもしれません。 反対に手術などの治療をしない方が良いといったようなケースもあります。 包茎治療を宣伝しているところではメリットしか書かれていないことも少なくありませんが、基本的にメリットがあればデメリットもあるのが当然ですよね。 その為、包茎治療を受けるのであればそうしたデメリットもしっかりと把握した上で、手術を受けないと後々にトラブルとなってしまうこともあります。 手術などの治療をしないで良いケースとは、軽度の仮性包茎である場合のことですね。 軽度の仮性包茎ですと、入浴時に陰茎をきれいに洗って、清潔さを保つようにしておくだけで、他に問題はありません。 あえて治療をしてデメリットを起こすリスクを背負うのは、個人的にあまりお勧めしたくないですね。 ただ、見た目がどうしても気になってしまう、包茎であることがコンプレックスとなっていて、異性と関係が築けないなどのケースでは軽度の仮性包茎でも治療を受けた方が良いでしょう。 包茎治療とは、一生に一度しか行われないものです。 ですので、後になってから後悔してしまわない為にも、事前にすべての事情を把握してから、再度自分の中で包茎手術は必要か否かを確認した上で治療をすると良いですね。 しつこいかもしれませんが、包茎であるからと言って、必ずしも手術や治療を行わないといけないことはまったくありません。 女性からすると嫌われがちであるとされる包茎も、仮性包茎ならあまり気にしなくても良いので、軽はずみに包茎手術を受けて後悔しないようにして下さい。



Copyright(c) 包茎手術に保険は適用されるの?. All right reserved.